IT系のフリーエンジニアとして働く場合には仕事を自分で獲得する必要があり、その選択には自由があります。単独で働くのが基本であるため、誰かに管理される必要もないからです。その仕事の種類は大別すると二種類あります。

一つが業務委託であり、クライアントから依頼された仕事内容を遂行していくことが基本になります。期間を定めた契約となり、その間はクライアントに指定された仕事をこなしていくのが一般的です。言わばクライアントに管理される状況になりますが、業務内容は多岐に渡り、現場での管理職を任されることもあるのが特徴となっています。管理職の人の下で働く場合には正社員と同等に扱われる場合もあれば、別枠で特別な仕事を依頼する形になる場合もあるため、管理職にどのような人がいるかに仕事内容が大きく左右されるのが特徴です。ただし、クライアントと契約して案件獲得する際の注意点として、トラブルに巻き込まれないためにもしっかりと内容を把握しておくことが大切です。

もう一つが請負であり、クライアントが指定する仕事を完遂して納品することが求められます。労働力を提供する業務委託とは異なり、成果物を提供するのが請負の基本的な考え方であるため、期間契約ではなく納期が設定されて納品をもって仕事が完了するのが特徴です。この場合にはクライアント側の管理職の指示に従って成果物を作り上げていくことが望まれると共に、定期的に連絡をとって成果報告をしたり要望を聞いたりすることになります。管理職者と良好な関係を保っていくことが必要であり、それによって成果報酬が高くなる可能性もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です